診療案内

抜かない治療
Non-Extraction

他医院で抜歯を勧められた方も一度ご相談下さい

立川ひろた歯科では、歯をなるべく抜かない治療を行っています。他医院では難しい治療法も対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。

一般的に抜歯と診断をうけるケース

1. 重度歯周病の場合

一般の歯科医院では、重度歯周病と診断したケースでは、それ以上の延命処置をせずに抜歯をお勧めするケースが多くなります。当院でも、全ての歯を残せるわけではありませんが、患者さんの希望に沿って再生療法を行い、なるべく抜かない治療を心がけています。

⇒ 再生療法について

2. 根管治療をしても腫れ・痛みが続く場合

根の中の治療を繰り返しても、腫れ・痛みがひかない場合、抜歯を勧められるケースがあります。しかし、実際は根の治療が不十分である場合が多く、そういった患者さんのために精密根管治療外来を設置しております。CTスキャン、マイクロスコープを駆使して適切な根管治療を行います。

⇒ 精密根管治療外来

3. 歯が根元近くから折れてしまった場合

歯が折れてしまって、歯ぐきから出ている部分がほとんど残らなかった場合、この歯の治療をして残すことは技術的に難しく、また、治療期間も長くかかります。一般の歯科医院では、こういったケースは抜歯してインプラントをお勧めすることが多いのですが、立川ひろた歯科では、なるべく歯を残す治療を行っています。

治療例

1. 小矯正を行い、歯ぐきの中から残った歯を引っ張りだします。

初診時 小矯正

2. 歯ぐきを下げて、さらに残った歯を露出させます

歯ぐきを切開して 縫合します

3. 被せ物をして完了。抜歯をせずに治療することができました。

被せ物装着直後

 

TOP OF PAGE